女子大生と

女子大生と

女子大生と二度目の食事

ハッピーメールログイン会員専用入口

 

 ハッピーメールにログイン、メッセージが届いてるのを楽しみにしていました

 

その日も何通かのメッセージ

 

中でも、現役の女子大生が、「ごはん食べに行きませんか」とか

 

ちょっと怪しかったけど、返信

 

ちょっとピンチだから、食事をおごってほしいんだとか、

 

若い子と食事が出来るならいいや〜みたいなのりで

 

待ち合わせて、中華料理専門店でディナー

 

その日は、顔合わせと、自己紹介

 

楽しい会話を交わして、メール交換だけでお別れ

 

「しかしよく笑うこだったな〜 もうおじさんにはメール来ないよな〜」

 

なんて思いながら、さみしく家に、一人暮らしはつらいよね

 

数日後、

 

その女子大生からメールが

 

また、食事がしたいと言う内容

 

週末の夕方、ディナーの予約を、ホテルのレストランに入れ

 

とりあえず、ホテルの予約もいれちゃいました。

 

はじめて会った時は気が付かなかったけど

 

けっこうスタイルがいい

 

服装で女性は変わるんだね

 

前回は、ワンピースとちょっとブカブカのズボンだったのに

 

今回は、体のシルエットが解るワンピース

 

最初見た時は解らなかったくらい

 

「おじさま」

 

声をかけられるまでわからなかった

 

驚いた事を話して、きれいだよってほめたり

 

そんな話で盛り上がり、いつの間にか、

 

ワインで顔がなんとなく赤くなってるような

 

「飲みすぎちゃった、おじさま、私を彼女にして〜」

 

突然の言葉、

 

「酔ってるね、家まで送るからね」

 

「はじめて会った時から、ドキドキして、毎日おじさまの事を思ってました、今日は帰りたくない」

 

酔った勢いってすごいね

 

抱きついてくる彼女を支えながら、ホテルの部屋に

 

シャワーを浴びるとシャワー室に駆け込む彼女

 

私は、服を脱いで、バスローブだけになって、順番まち

 

シャワーから出て来た彼女は、トイレに駆け込み、戻してました、

 

コップに水を入れ、トイレのドアをたたく

 

「大丈夫?、水を持って来たよ」

 

ドアが開き

 

「すいません、ありがとう」と弱々しい声

 

水を一口飲んだけど、またトイレに、

 

しばらくして出て来た彼女

 

「心配かけました、もう大丈夫です」と言いながら、足はふらついている

 

あわてて駆け寄り、ベットに寝かし、様子をみた、

 

無防備に、すやすや寝息を立てる彼女

 

疲れていたのか、眠ってしまった。

 

 

私もシャワーを浴びて、その日は眠りに

 

隣のベットでは、横たわる、彼女

 

寝相が悪く、たまに足が布団の外に

 

長く伸びた足、太ももまでも、目のやり場に困るほど魅力的

 

「いかんいかん」と言い聞かせ、

 

布団をかけ直し、足を戻して

 

ようやく私も眠りについた、

 

 

どれくらい眠っただろう、

 

腰のあたりに重みを感じて目が覚めた、

 

目を開けると

 

そこには、私にまたがり、腰を振ってる彼女が・・・

 

私も疲れていたのだろう、息子を元気にして、勝手によがってる彼女

 

私のナニの大きさにビビッて、先だけで行こうとしてるのが解った

 

馬乗りに私にまたがってる彼女だけど、深く入れようとしていない

 

しばらく寝たふりを続け、彼女がはてるのをまった

 

私の体に倒れ込む彼女、

 

息は荒く、体には力が入っていない感じ

 

 

彼女に抱きついて、

 

挿入したまま、あぐらをかいた

 

反りあがる背中、

 

目の前に大きなちぶさが2つ

 

おもむろに、すいつき

 

やさしくなめる

 

「あ〜いい〜」 

 

あぐらの上に乗せてる彼女に、腰を動かし、

 

一番深く挿入

 

「だめ〜おおきすぎる〜ふかい〜」

 

とはいいながら、よがって 暴れる女体

 

腰に腕を回し、行ったばかりの彼女の腰を固定して

 

下から激しく突き上げた

 

頭を左右と言わず、前後に動かし、必死に耐えている

 

「いく〜〜〜〜」と悲鳴のような声を上げ

 

彼女は果てた、

 

次は、うつ伏せに寝かせて、おしりを引き上げ

 

バックから、挿入

 

奥に当たってるのが解った

 

経験が少ないのか、ちょっと浅いかな

 

痛がるといけないから全部は入れずにピストン攻撃

 

彼女の反応を楽しみながら、

 

一番感じる角度を見つけ、

 

ラストスパートをかけた、

 

うねる腰、声にならない声

 

感じすぎて、呼吸まで少なくなって、

 

失神する寸前

 

一気に加速して、中に全部ぶちまけた

 

彼女にキスをして様子を見てると

 

「中はダメなのに」とつぶやく

 

でも、抱き付いてきて、キスをされ

 

第二ラウンドがはじまっつた

 

女子大生と、こんな関係になるとは思わなかっつた・・・

 

ハッピーメールで人生変わりました、

 


 


 

ハッピーメールバナー

関連ページ

女子大生からのメール
しばらく連絡が来ない女子大生から突然のメール
ハッピーメールの画像検索でみつけた
ハッピーメールの画像検索でタイプの女性を見つけたので、メッセージを送ってみたら
出逢い系で「ホ別2」「最初だけ2万」などのメッセージ
ハッピーメールなど出会い系で「ホ別2」「最初だけ2万」要求の女性の実態と見分け方を完全解説
女性と仲良くなるにはあせらない
メッセージのやり取りで仲良くなってお会いしたのにあせりは禁物
既婚女性からのメッセージ
メッセージが届いてました、既婚の女性から
既婚女性からのメッセージ2
メッセージをいただいた人妻とお会いしたのですが、魅力的すぎる一夜だけのつもりが
優しいおじ様
私って、年上が好きみたい
1ヶ月で15人くらいの方と
食事に行ったり、ドライブしたり、友達と遊びに行った体験談

ホーム RSS購読 サイトマップ
ハッピーメール登録方法 PCMAX登録方法 お見合いパーティー マッチングアプリ体験談